不動産売買の流れを掴む情報サイト

契約の解除は自己都合だけでは困難

住まいの購入は決して安い買い物ではありませんし買ってから後悔してもどうにかなるレベルの問題ではありません。 そうならない為にもまずは住まいの購入の流れを整理し、しっかりと把握した上で購入に踏み切ることをお勧め致します。 人生の一大イベントですから失敗のないようにしたいですね。

住まいの売却も購入時同様しっかりと知識を持って

どうせ住まいを手放すのであればより高く売り、そして何のトラブルも無く契約を終えたいですよね。 その為にも売却理由、住み替え後のイメージ、住み替えの時期や手元に資金はどれくらいあるか購入時と重なる部分もありますがしっかりと把握しておく必要があります。

不動産売買時におけるトラブルはつきもの

提示された条件と違う、家に不具合や不備があったなど後からトラブルに繋がるケースも少なくありません。 ではトラブルを避けるにはどうすれば良いか。 実際にあったトラブル事例を把握することです。 これらを知識として身につけておくことで避ける予防策になりますので必ず参考にして下さい。

流れを把握して計画をしっかりと

不動産売買をするにあたってまず把握しておきたいのは大きな金額の取引となる為、一度してしまった契約は余程の理由が無い限り自己都合での解除は出来ないという点。
更に契約違反による解除となった場合、不動産売買代金の10~20%という割合で見ればそこまでではありませんが例えば4000万円で売買契約したものであれば400~800万円という膨大な額の違約金を支払わなければなりません。
買い手と売り手の両者が不動産売買契約書の内容に同意した上でサインを行います。
一度サインしてしまえば契約書に記載されている権利の委譲や内容を守らなければいけない義務が発生しますのでサインの前に今一度不明瞭な点を明確にすることや内容に関する全ての疑問を解消しておく必要があります。

売り手に関しては当然期日までに土地、建物を明け渡すことが出来なかった場合違反になります。
また契約に関して重要な項目が不明確な場合、契約後のトラブルに発展しかねないので多少手間にはなっても明確にしなければなりません。

他にも不動産における欠陥を瑕疵と呼びますが売り手にはこの瑕疵に関して責任を負う瑕疵担保責任というものがあります。
取引において買い手が知りえなかった瑕疵、雨漏りやシロアリなどが判明した場合に買い手が売り手に修補や損害賠償を求めることが可能です。
ちなみ売り手がこの瑕疵を知っていたか知らなかったかに関わらず賠償を求められるので注意が必要となります。

瑕疵には上記の雨漏りやシロアリなどの物理的瑕疵、法令等により物件の自由が阻害されるような法律的瑕疵、過去に殺人や自殺などがあったいわゆる事故物件に相当する心理的瑕疵、騒音振動異臭などの環境的瑕疵がありますので覚えておいて損はないでしょう。