安心安全に住む為にはいくら必要?

一軒家とマンションの修繕費の差を知っておこう

みんなで修理

街を歩いていると、昨日まで普通にマンションが建っていたのに、ある日突然マンションに目立たぬ色の覆いがしてあって、足場が組まれている光景を見かけることがよくあるでしょう。 解体でなければ、大抵の場合が修繕している風景です。 このマンションの大規模な修繕について検証してみたいと思います。

マンションだって古くなる

立てられたばかりの建物はきれいですが、年月を重ねるにつれ、古くなって汚れてきます。 そのままにしておけば、誰も住みたいと思わないですし、住んでいる人も新しい場所に移りたくなります。 そうなったマンションは、どうなるのでしょうか。 修繕の必要性を検証してみます。

終の棲家か仮の住処か

戸建ての場合は、土地も自分のものですし、一生そこに住もうと考える人が多いと思いますが、マンションの場合は、他に移ろうと考えている人も少なくないのではないでしょうか。 それを踏まえて、マンションにおける建物全体の価値について検証していきたいと思います。

十数年に一度

賃貸物件ではなく、自分の持ち家の一軒家に住む人は、毎月どこかに何かを支払うということはありませんが、賃貸物件ではないマンションに住む人は、家賃の支払いはありませんが、実は、毎月管理費の他に、修繕積立金というものを管理会社に支払っています。
管理費は、賃貸物件に住む人も支払っているものですが、積立修繕費という言葉は、耳慣れない人もいるかと思います。
一軒家は、汚れたり劣化した部分を気が付いたり、気になったりしたときに、自分で修理したり、ペンキを塗りなおしたり、若しくは業者の人にお願いして修理しますが、マンションの場合は、専有部分は、もちろん自分で修理しますが、共用部分に関しては、みんなで修理するというかたちになります。
電球が切れた、廊下が汚れた、エレベーターの点検などは管理費でまかないますが、例えば、地震でタイルが剥がれてしまったとか、壁のペンキを塗り直したいなどは、修繕費から出すのです。
誰かが勝手に修理するのではなく、そのマンション独自の管理組合が招集され、そこで話し合いの上決まります。
十数年に1回、大規模修繕を行うことが自治体で定められているので、修繕費は、その大規模修繕に向けて貯めておくイメージです。
十数年に1回、大規模的に修繕しても、建物自体の老朽化は防げませんので、次の修繕は、前回のものよりもコストがかかることがほとんどです。
なので、修繕費は、数年に1回、値上がりすることは必至です。

TOPへ